■見出しタイトル

■トップ記事本文

■メルマガフォーム

夕食にはタンパク質を!

1日の食事の中で、三大栄養素をうまくコントロールしながらするダイエットもあります。食事の量としては、朝から晩にかけて減らしていくのが理想的だとされています。構成については、朝が炭水化物を脂質、昼が炭水化物と少量の脂質、夜が少量のタンパク質と良質なタンパク質になっていますね。炭水化物は、消化されると等分に変化してエネルギーとして消費されていきます。

寝る前には、この後運動をすることもないので、あまりエネルギーは必要としないので夕食の炭水化物は少量で構わないのです。タンパク質に関しては消化もいいですし、ダイエットの時のストレス解消によく眠るには必要な成分になっています。ちなみに「良質な」タンパク質というのは鶏肉のささみなどがいいですね。豆腐も植物性ですので消化に良く女性に必要な大豆イソフラボンの摂取も出来ます。夕食を終えるのは、理想で言うならば就寝の5時間前です。現代の生活では、これも難しいことなので、今の段階では内容に注目をしていきましょう。

全ての食事に関して、野菜は多く摂取します。昔は、肉を食べたら3倍の野菜を食べなさいと言われていたようですよ。意外に的を射ているのかもしれません。栄養士のような知識がなくても実践できる内容になっていますので、ちょっと試してみようかなと軽い気持ちで実践してもいいですね。あまり体質などに合わないのであれば、途中でやめても問題はないですよ。楽しみながらストレスをためずに行っていきましょう。

プロテインドリンクの使い方

ダイエット用のプロテインドリンクにも正しい使い方があります。置き換えるだけで、ダイエットになるというものではないんですよ。
飲むだけ飲んで運動をしなかった結果、太ってしまった人もいるそうです。これだけの栄養が含まれているのですね。ビタミンやミネラルを初めとしてバランスよく配合されています。
プロテインドリンクは、摂取して「運動をして」はじめて筋肉がつきやすくなります。そうすると筋肉が栄養分を活発にエネルギーとして代謝してしまうので、基礎代謝のアップにもつながりますね。
少しずつ、摂取したエネルギー(食事量など)より、代謝するエネルギー(運動量など)が上がります。脂肪を燃焼、減少させていきます。
これがプロテインドリンクの正しい活用方法ですね。スポーツでアスリートが筋力アップに使うものとして利用されていたことから、ダイエットに応用されるようになりました。
ところが、この仕組みについて知っている人も少ないですし、飲めば痩せるものと信じ込んでいる人も多いですよね。
こういった勘違いのないように使っていってください。そして、注意点が1つあります。
1日のしよう上限回数は2回までとなっているものが多いので、この目安は守って使用しましょう。
急激なダイエットは、急激なリバウンドにもつながりますので、長いスパンでの使用をおすすめします。これは各メーカーでも推奨している量になります。使用方法をよく検討してください。

野菜からの食べる順番

食事には食べる順番というものがあります。特にダイエットの場合のものを紹介しましょう。
まず、野菜を先に食べて下さい。ゆっくりと30回は噛むようにしましょう。満腹中枢の刺激をして、食物繊維を先に入れることによって、異質や糖質の吸収を抑えます。野菜は、生で食べると体を冷やすものもありますので、温野菜や野菜スープなども良いですね。
そして、次に肉や魚を食べます。これも30回は噛みましょう。最後に主食のご飯やパンを食べるのですが、一番最初にご飯をよそっておかない方が良いですね。
かなりお腹もいっぱいになっていると思いますので、そのときに食べられる分だけを持ってくるようにしましょう。
こうすると「もったいないから食べよう」という気持ちもなくなりますし、適量の腹八分目で抑えることも出来ますね。
昔から、日本では、万遍なく箸をつけて食べるのが食事のマナーでしたが、食の欧米化にもよって、変化が出ています。
現代においては、ダイエットにも健康にも配慮して野菜kら食べ始める食生活が推奨されていると行っても構わないですね。
まずは、1ヶ月挑戦してみて下さい。お通じの状態も良くなって、吹き出物も減ります。そして、体重の減少にも期待が出来ます。1週間程度では、わかりにくいので、長めのスパンで考えて行きます。
使用する野菜は、出来るだけ旬のものが理想的ですので、季節によって使い分けても良いですね。その方がリーズナブルでもあるのではないでしょうか。

体のお掃除をしてくれる食物繊維

食物繊維には、ご存じの通りお通じの状態を良くしてくれる効果がありますね。その他には、脂質や糖質の吸収を穏やかにしれくれることもあります。積極的に摂取していくといいそうですよ。1日に350gの緑黄色野菜を食べることが推奨されています。ボウルに入れてみると、かなりの量になりますので、これを摂取しきるのも大変ですよね。
そうすると、多くの人は簡単にとれるサプリメントの使用をしたり、野菜ジュースを飲んでバランス良くしようとします。栄養士によると、野菜から摂取をしなくては、食物繊維は正しく機能しないということなので、この方法では効果があまり期待できません。
不足してでも、野菜からの摂取をしたほうが理想的だということです。
食物繊維は過剰に摂取をしてもいけないようです。あまりにも多いと、今度は逆に便秘になりますので適量にしましょう。
お通じの状態が良くなると、デトックスと同じく毒出しの効果が出ます。宿便までとれると腸の中もすっきりします。中に便がたまってしまうと、その毒素が体に回って、お肌のコンディションにも影響が出ますね。
ニキビや肌荒れなどを招きますし、おなかの膨満感に悩むことになってしまいます。適量の食物繊維を活用して、体の中にため込まないようにしていきましょう。
野菜によっておなかもふくれるので食べ過ぎなくて良いとも言われます。ビタミンやミネラルも十分にとれますので、少量ずつでも増やすようにして下さい。

 

ページの先頭へ